比礼振山(権現山) 2016年11月16日

益田市の権現山の写真です。山頂付近まで車で行けます。山頂からは、日本海 石見空港 益田市の西側の展望が望めます。見晴らしのいい日には見島も見えるそうです。また、地球安全祈願塔は高橋芳太郎さんが子供の時(明治43年:1910年)仙人から、必ず後世に伝えるよう伝言され、そのことが気掛かりになっていたので昭和51年に権現山の山頂に建立したものだそうです。石碑に彫られた次の文章 「今から百年すぎたころ(2010年)から逐次地球上に大異変が起こり大地震大津波天候不順が続き害虫が多発し人類が滅亡する時期が必ず来る・・・」、「文明は月日に進歩するが一方では地球上を破壊し人体を毒化しつつあるから常に体力を錬磨し気力を養成し粗食粗住に馴れ身体に対抗力をつけ強く生き抜くこと」は、東日本大震災やまさに現在のことを語っているような気がします。
このことが詳しく説明されたサイトがありましたので紹介します。リンク


地球安全祈願塔の文字

権現山の眺望説明

権現山からの風景


文字拡大写真

以下は写真の文字をテキスト化したものです
 権現仙人の由来
 仙人は明治維新の時徳川幕府軍に属した武士で 長州征伐の時益田の戦いで敗れて乙子村に逃れて権現街道を権現山の篭立まで来たところ疲労と空腹で倒れ昏睡していると 権現山の主神が白髪老人となり夢にあらわれ神秘薬を授けられこれを飲むと急に睡がさめて元気になり 芦谷から匹見を通り広島の城下町のお寺に逃れ隠れ坊主になり 更に中国山脈の比婆山に立ちこもり石の上で三年間座禅による次の予言をする。
 今から百年すぎたころから逐次地球上に大異変が起こり大地震大津波天候不順が続き害虫が多発し人類が滅亡する時期が必ず来る この次期に人類の滅亡を防ぐには只一つ それは天の神に全世界の人が人種の別もなく思想の別なく宗教の別なく男も女も老いも若きも一致団結して地球の安全を祈願すれば不思議や神通力により地球の安全を保つことができる 
 文明は月日に進歩するが 一方では地球上を破壊し人体を毒化しつつあるから 常に体力を錬磨し気力を養成し粗食粗住に馴れ身体に対抗力をつけ強く生き抜くことのできるよう心掛けること

 仙人は地球上の安全を祈願するためこの権現山で昇天
明治四十三年三月十八日午後五時〇分
右予言は権現仙人より直接高橋芳太郎に将来のため必ず伝言するようにと指示された
伝言責任者 正七位勲五等 高橋芳太郎
昭和五十一年三月吉日
建立者
大阪市此花区西九条 高橋芳太郎

リンク(詳しく解説されています)

 

inserted by FC2 system